【婚約指輪】ダイヤモンドのカラット比較

みなさんは婚約指輪を検討する際に、何を一番重視しますか?

ブランド、ダイヤモンド、価格、店員さんの接客など様々な項目がありますよね。

ダイヤモンドに関しては、「4Cのうちカット、カラー、クラリティはなんでもいいの!とにかく1カラット以上のダイヤがいい!」という女性は結構多いものです。1カラットのダイヤがついた婚約指輪は、いつも時代も女性の永遠のあこがれです。(※ダイヤモンドの品質を表す4C=カラット、カット、カラー、クラリティ)

 

4Cの中では大きく以下の2つに分けられます。

  • 肉眼で判別できる →カラット(重量)、カット(研磨)
  • 肉眼で判別しにくい→カラー(色)、クラリティ(透明度)

 

カラーは最高ランクのD(ダイヤモンドの頭文字Dがトップ)が最も透明度が高く、ランクが下にいくにつれて色味がだんだん黄色っぽくなっていきます。お店で比較させてもらうと違いが少しだけわかりますが、婚約指輪に使われるようなダイヤでは違いがあまりわかりません

クラリティに関して言えば、SI2と言われる11ランク中、下から3つ目のランクでも「視力のいい人だけがやっと肉眼で発見できるほどの内包物がある」というレベルです。他人の婚約指輪をまじまじと見ることなんて滅多にないですよね。あまり気にしなくてもよさそうな基準です。

そんなわけで、4Cではなく、カット・カラットの2Cを基準に選ぶのはいかがでしょうか?!

肉眼で判別のできるカットですが、カットの仕方でダイヤモンドの輝きは相当違ってきます!「小ぶりでもキラッキラと輝いている!」というダイヤももちろんあります。人間の技術でなんとかできる唯一の項目がカット。そのため、何よりもカットに力を入れているブランドもあります。

4Cの中でもカラットは、誰がみても一瞬でわかる基準ですね。カラットといえばダイヤモンドの大きさだと思っていましたが、重量のことなんですね。カラーやクラリティのランクを調整することで、カラット数を大きくても価格を抑えたりすることは可能です。お店の方に予算と要望を伝えると、条件にあうものを紹介してくれるはずです。

前置きが長くなりましたが、気になるカラット数の比較をしてみます!!

指のサイズは5号です。

【1カラット】パッと見て「デカい!」という印象。とにかく目立ちます。遠くから見ても存在感があります。年齢を重ねても華やかさがあるはずです。ボコっとしているので何かにぶつけたり、ひっかけてしまいそうな心配はあります。ダイヤが主役なので、フレームはシンプルなものがよさそうです。

【0.7カラット】こちらも存在感がありますが、1カラットと比べるとインパクトに欠ける印象はあります。1カラットの場合大きいダイヤモンドを引き立てるようフレームはシンプルなものを選ぶのがおすすめでしたが、0.7カラットからはフレームを自由に選べそうです。

【0.5カラット】一般的には十分と感じます。0.7と0.5だと、そんなに大きな差があるようには感じません。日常生活でつけていても変に悪目立ちせず、自然につけられます。結婚指輪との重ね付けも楽しめそうです。

【0.3カラット】毎日つけられるようなすっきりとした印象です。センターダイヤをぐるっと囲むようにメレダイヤが施されたデザインや、ダイヤを留める部分が花びらのようになっているデザインの場合、実際のカラットよりも大きく見せることができます。こちらも結婚指輪との重ね付けを楽しむことができそうです。

 

指が閉じていたり開いていたりして、わかりにくく申し訳ございません。

ちなみにご紹介した指輪についているのは、ダイヤモンドではなくジルコニア(ガラス)でした!!