【台湾】台北&九分 2泊3日女子旅♪

2泊3日の台湾旅行に行ってきました!

いつもは「お土産入れるから、スーツケースにはゆとりが大事」と思って、無駄にデカいスーツケースで旅行していますが、今回はリュック一つでの旅です。

これが予想以上に楽ちん!!

空港で荷物の預け入れやピックアップ、荷造りにも時間がかからないし、必要以上のお土産も買いませんでした。ミニマリストっていいものだと実感。

ある程度のホテルに泊まれば、洗面用具は揃っていますよね。ただ、いつも思うのが「ほとんどのホテルにメイク落としがない」ということ!シャンプー、トリートメント、シャワージェル、ボディミルク、石鹸はあるのに。使い捨ての小袋に入ったクレンジングは必ず持っていっています。

 

今回泊まったホテルは、中山区にある台北アンバサダーホテル。

MRT雙連駅から徒歩約5分と利便性がよく、清潔感があるホテルです。朝食なし1泊8000円くらいでした。

歩いて10分ほどで寧夏路夜市に到着します。

 

 

さて、今回の台湾女子2人旅。目的は、九分に行くこと。

 九分へはタクシーで行きました。バスや電車などの行き方はありますが、限られた時間で効率よく観光したかったためタクシーを選びました。少し割高ですが、ホテルのタクシーを利用したので安心感もありました。

「途中山道があるから車酔いする人は注意したほうがいい」と聞いていたので心配していましたが、寝ている間にあっという間に到着!

 

入り口したところから有名な提灯があるところまで、道の両側にお土産屋さんが連なっている道を20分ほど歩きます。試食もたくさんあってにぎわっていました。

 

山頂付近にあるお茶屋の九分茶坊さん。

12月上旬で少し肌寒い中、囲炉裏でお湯を沸かし、匙で茶葉を入れる本格的なお茶をいただけて心も温まりました。1杯目だけお店の方が入れてくれます。

絶景を目の前にしてお茶を楽しみました。

使いきれなかった茶葉は、チャック付きの袋にいれてお持ち帰りできました。

内装もとてもお洒落で、お茶だけでなく茶器もたくさん取り扱っています。

また訪れたいお茶屋さんです。

 

そして、お目当ての九分の提灯のスポットに。

千と千尋のイメージ通りのなつかしさを感じるようなところです。

 

 

 

翌日は台北の街を観光。 

朝ごはんは中山紀念堂近くの鼎元豆漿(ディンユェンドウジャン)にて。

毎日こんな朝ごはんを食べたい!と思うような体に優しいヘルシーな食事です。

 

続いて足つぼマッサージ。ガイドブックに載っていたマッサージに行こうとしたら、間違えて手前にあるお店に入ってしまいました。劇痛マッサージ!

テレビでよく芸能人が、足つぼが痛すぎて椅子から転げ落ちていますが、本当にそのレベルでした!

カタコトの日本語で、「ココはカンゾウ。ココはメー」と説明してくれます。痛いから効いているんだ!と思って耐えました。

              

お土産でイチオシなのが、ホテルオークラのパイナップルケーキです!

デザインが可愛くて、高級感があり、目上の方へのお土産にもばっちりです。箱もしっかりしていて、何かのお道具箱に使えそうなくらい丈夫なつくりをしています。なんといっても、お味はいままで食べたパイナップルケーキの中で一番おいしい!お値段は少し張りますが、リピート確実なお土産を発見できて満足です。

やはり台湾は女子に人気な気軽に行ける旅行先のひとつですね。