【マレーシア】念願のパヤ島は期待外れ?!

ネーミング的に期待度高めのパヤ島

「パヤ島」っていう名前が、も~、かわいい!!(男性には理解できないやつ)

 

ペナン島は海がきれいではないので、そこから1時間45分ほど船に乗ったら

「透明度が高くてカラフルな魚がたくさんいるパヤ島に行ける!」と勘違いしていました。笑

ビーチサイドで寝っ転がりながらお酒飲んで、写真たくさん撮ろう♪なんて想像していました。

 

パヤ島へはツアーを日本で事前に予約していきました。

ホテルに送迎バスが迎えにきます。約30分ほどで港に到着。そこから高速船でパヤ島へ向かいます。

その船の揺れること、揺れること…

こんなに揺れた船は初めてです。

 

 

名前的に期待していたパヤ島、その期待は大きく裏切られました。

 

ぐわんぐわん揺れる船での苦行に耐えた末、たどり着いたのは…

 

これです。

これは岸から20メートルくらいのところに浮かべられた「ランカウイ・コーラル」と呼ばれる人口の浮き島です。

そこに高速船がつくのですが、燃料のような油が水面に一面に浮かんでいて…

環境にも悪いし、そんなところを泳ぐなんて恐ろしい。

 

テンションが下がりすぎて、これしか写真とっていません。笑

透明度はもちろん低いです。

潜ってみたら!と思い、シュノーケリングしてみましたが、30センチくらいの黒いゴツめの魚しかみえません。

餌付けが許可されているからか、魚たちはガツガツしている様子。笑

 ツアーに含まれていたランチも、ぱっさぱさのごはんとチキンみたいなものでした。うーん、おいしくない。

自由時間4時間ほど、そのうち半分は昼寝していました。。

 

パヤ島は期待外れだったなぁ。 名前はかわいいんだけどな!