【マレーシア】ペナン島 街全体が世界遺産のジョージタウンへ

街全体が世界遺産のジョージタウン!

200年前はジャングルだった(!)この場所は、海峡の入り口にあたるためイギリスによる植民地になったそうです。華人が多く住み、のちにマレー系、インド系の方も共存してきた多民族都市。

いまでも古いたたずまいが多く残されており、昔懐かしいような街です。

2008年にユネスコ世界遺産に登録されました。ちなみに姉妹都市がいくつかあるのですが、神奈川県も姉妹都市のようです!笑

 

シャングリラ ラササヤンからジョージタウンまでは、ホテルから毎日出ている無料のバスを利用しました。

のどかな街です。まるでタイムスリップしたかのよう!

 

写真撮りながら街を歩いていると、自転車に乗ったおっさんから「あろーあろー」(たぶんハロー)って声かけられる。東南アジアあるある。

 

TOEICのリスニング問題に出てきそうな写真の数々。

 

 

ジョージタウンはアートの街としても知られ、壁画には様々なアートが施され観光客たちが写真をとっていました。

 

猫のアートが多い!

猫の視線の先には、ねずみが!

 

おっきい猫ちゃん。

 

猫ちゃんの参勤交代。

 

すぐ横にかわいらしいブランコが!

これが一番有名な壁画。こどもふたりが自転車に乗っているアート。

アートの前に本物の自転車が!

 

途中立ち寄ったのはYELLOW LIPS(イエローリップス)という、こぢんまーりしてかわいいカフェ。

Wi-Fiが快適に使えました。

 

抹茶フラペチーノのようなドリンクもとってもかわいい!グラスはボダムでおしゃれです♪

 

こんな立派なモスクがありました。

ふらふらと写真を撮っていると、「中に入りなよ!」と声をかけてくれました。

露出が多いとこれを着せられます。

 

 

 街のお土産屋さん。

 

 気味の悪いオブジェも!謎にドラえもんが…

 

市内観光はほとんど歩いて回ることができますが、とにかく暑いのでタクシーを利用したり、トゥクトゥクに乗ることもありました。バイクタイプではなく、本当におじいさんが自転車をこいでくれます!

このトゥクトゥクは、料金があってないようなもの。交渉次第で安くなります。初めに声をかけてくる金額は、ありえない金額でふっかけてきます!タクシーより高いのは明らかに詐欺ですね!

それでも数百円と安いので、「ま、いっか~」って払ってしまう観光客が多いんでしょうね。

 

 

この日、一番行きたかったブルーマンションが閉館日になっていました!たまに休刊日があるので注意してください!

 翌日改めてブルーマンションに。

現地ではチョン・ファッィー・マンションと呼ばれています。東洋のロックフェラーともいわれた大富豪チョン・ファッィーのお屋敷です。

 

 

ガイドさんのツアーがあります。英語と中国語で説明をしてくれる約1時間のツアーです。

上からみるとこんなかんじです。

 

中は、とにかく青い!濃い青と薄い青があって素敵!

 

二階にも上れます。二階はレストランと歴史資料館になっていました。

 

こんなお部屋もありました。

ブルーマンションには宿泊できる部屋が18部屋あります。それぞれの内装がすべて異なっているそうです。調べてみましたが、そんなに高くない価格で宿泊できるみたいです!

 

 

カエルちゃん。縁起がよさそうだからなでなで。