【横浜】えの木ていでティータイム

私がいつか住みたい街、横浜の山手をお散歩しました♪

山手はかつての外国人居留地だったこともあり、当時建設されたレトロな洋館が現在も立ち並んでいます。

閑静でクラシックな雰囲気が好きで、山手を散歩すると心が落ち着きます。

 

今回初めてえの木てい(本店)でお茶をしました。

えの木ていまでは、JR石川町駅から徒歩16分ほどで到着!

みなとみらい線の元町・中華街駅からも徒歩10分くらいのようです。

 

えの木ていは、昭和2年に建設された洋館でもともとはアメリカ人検事が暮らしていたそうです。その後日本人オーナーが買い取り、昭和54年にリビングをカフェとしてオープンしたそうです。

帰りに気づいたのですが、お店の前に大きなえのきの木がありました。だからお店の名前が「えの木てい」なんですね。

 

2階にはテイクアウトのお菓子ショップと、6名まで利用可能の個室があるようです。お土産はチェリーサンドが有名なようです。また、個室限定アフタヌーンティーが楽しめます。

ちなみに、港の見える丘公園にある、山手111番館の地下1階には姉妹店の「ローズガーデン えの木てい」があります。

 

 

「女性に大人気!ティータイムは行列に並ぶ覚悟で!」というネットの情報を見たので、気合いを入れて平日11時のオープンと同時にお店へ!

 

素敵な外観です!

天気がいい日はテラス席が気持ち良さそうですね。

 

店内に入ると…

 

とてもシックな雰囲気です。

店内に流れるクラシック音楽が心地よく、癒されます。

そして、誰もいない!笑

並びたくない方は平日が狙い目です!

視線を感じて隣を見ると

 

こんなアンティークなお人形さんが!笑

ちょっとこわい。

 

スコーンと紅茶のセット(1200円)を頼みました。

 

感動するような美味しさではなく、ごくごく普通のスコーンでした。

 

紅茶の美味しいお店との表彰状?を見つけましたが、紅茶も普通のお味という印象。

このお店で有名なのは、ローズパフェみたいですね。

 

 

少々気になった点がありました。

レジ周辺にあるメニューや冊子のようなものが、バサっと無造作に置いてあったこと。

それに加えて、レジの下にゴ〇ジェットを発見してしまいました。あちゃー

昭和2年(1927年)に建てられている洋館なので仕方ないですね。

でも、見えないように隠してほしかったかな。

 

洋館の素敵な雰囲気の中でゆっくりとお茶ができるカフェって、そうそうないので一度行ってみる価値はあると思います。

優雅な気分になれるカフェでした!

 

 

えの木てい(本店)

http://www.enokitei.jp/

(神奈川県横浜市中区山手町89-6)

返信を残す